2009年02月19日

パスポでわかる人の性格

タバコを自動販売機で買うときにはパスポが必要ですよね。
私はこのパスポを持っているのですが、まだ持っていない人も
結構いるようです。私の働いている社内にタバコの自動販売機
がおいてあるのですが、パスポを持っていない人が時どき私の
所に借りに来ます。まっ、減るものではないので貸しますが
簡単な手続きでもらえるのになぜ?いまだにしないのか不思議に
思ってそういう人たちに聞くと、「面倒くさいとか?」
応募用紙はもらって手元にあるけど、身分証明書のコピーをとる
のが、面倒、写真を撮りに行くのが面倒とかいう理由で申し込み
をしていないそうです。でも頻繁に人に借りることを思えば1度
作ってしまえばそれぐらいのことなぜやらないのだろうと思って
しまいます。パスポでわかる人の性格といいますか?面倒なこと
は何でも後回し、結局やらない人っていう人は結構いますよね。
けど心配なのは、そういう人たちって本当にしかりとした仕事し
ているのかな?という疑問が出てしまいます。仕事でも面倒な
ことは後回し、中には肝心なことでもやらない、そのくせ上司に
は表面はよく見せている。つまり中身はいい加減な人が多いので
は?個人的な意見ですが、そういった人はこの時勢リストラされ
たって、しょうがないよなぁ〜と思います。
ラベル:パスポ リストラ
posted by サラリーマン at 09:20| サラリーマンの一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

時代は変ったんですね

ずいぶんと時代は変ったと思います。つい半年前までは会社では
忙しくてネコの手も借りたいほどといった感じで働いていました。
それが今はどうでしょう?不景気で人員の削減つまりリストラ
忙しいときは「会社を辞めたい」というと「もう少し考えてみないか?」
という引止めの言葉がありました。それがいまでは強気で
「やめたければいつでもいいんだよぉ」なんて感じになってしまいました。
たとえ好きな会社でなくても、他にいこうにも行くところがない。
実際にどこでも厳しい状況ですからね。なので、悔しいけどしがみ付く
ような感じになっています。そう考えると時代は変ったんですね。
ラベル:時代
posted by サラリーマン at 07:11| サラリーマンの一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

職を失う正社員

景気の悪化による派遣切り、リストラそして会社の倒産とますます
世の中は悪くなる一方ですね。派遣社員だけではなく厚生労働省に
よりますと昨年10月から今年の3月までに職を失ったか、または
失う正社員が1月26日の時点でなんと約6千人人もいるそうです。
私の勤めている会社の社員でも次から次とリストラされているので
これからも、この数字は増えていくんでしょうね。
ラベル:正社員
posted by サラリーマン at 16:58| サラリーマンの一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

朗報が入った。

私の勤めている会社でリストラになった同僚から朗報が入りました。
彼はリストラ後はとても落ち込んで、途方にくれていましたので
とても心配でしたが、先日再就職が決まったそうです。
慣れない職場でまた一からスタートになりますが、やる気は満々
だそうです。ただ自分より若い人に指図されるのがちょっと・・・
とはいっていましたが、これもしょうがないとのこと。いまは
生活していかなければいけないのでそんな贅沢は言っていられない
そうです。まっ、確かにそうですね。それにしても良かった。
彼は今はまだ始めたばかりで落ち着かないので、しばらくして
落ち着いたらまた一緒にカラオケに行こうと言ってくれました。
嬉しいですね。あんなに落ち込んでいたのに元気を取り戻した
ようです。もちろんその時は一緒にカラオケ行きましょう。
ラベル:リストラ
posted by サラリーマン at 07:32| サラリーマンの一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

カラオケを歌った同僚たち

私の勤めている会社も不況によりリストラをしざる得ないため、先月いっぱいで
会社を去って行った、同僚がいます。出社最後の日に、励ましの言葉をかけて
やりたかったのですが、何と言って良いのか分からず、言葉の少ないお別れの
言葉となってしまいました。実にこんな事は嫌なことですね。カラオケの好きな
私のカラオケの誘いに付き合ってくれた人、誘ってくれた人。そんな仲の良かった
同僚がいなくなってしまうのです。もちろん、亡くなったわけではないので
もう合えないということはありませんが、でも、寂しいものです。
リストラ、給料カット、が今後も続きそうでなどなどいい話はまだ聞けそうに
ありません。早く、何とかならないでしょうかねぇ。
立ち去っていった同僚たちよ、「落ち着いたらまたカラオケに行こう!」
笑顔でまた合える日を待っています。
ラベル:同僚
posted by サラリーマン at 01:30| サラリーマンの一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

こんどは自分の番?

こんどは自分の番?カラオケなら喜んで順番を待ち望むのですが、今回の話は
そうではありません。いま世間でもよく聞くリストラのことですよ。私の勤め
ている会社も不況の波に飲まれて、経営が悪化。そのため会社を存続させる
ために口減らし、つまりリストラが始まりました。最初は希望退職者を募り
もちろんそれだけでは足りない。いや全然足りないようで解雇される方も
でてきました。当初は「自分は安心・・・」なんて思っていましたが、同じ
年ぐらいの同僚にもリストラの声がかかるようになって来ました。
もう、すぐそこまで来ているようで人事ではなくなってきました。
いつ自分にも声がかかるのか?不安な毎日を過ごしています。
なのでカラオケなんていっている場合ではないかも知れません。
しかし、あっけなく会社から去っていく同僚の姿を見て心が痛んでしょう
がありません。でも私にはどうすることもできません。自分でさえ明日は
分からないのですから。景気早く回復しないでしょうか?ただそれを願う
ばかりです。
ラベル:リストラ
posted by サラリーマン at 00:57| サラリーマンの一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

自分の責任というもの

マナーとは、いろいろな年代や経験で構成されている社会の中で、
コミュニケーションを取っていくための社会のルールのような物です。
ビジネス社会では、個人は会社の一員として見られます。
これが例え新入社員でも、電話や来客の取り次ぎをした際にに、挨拶や
または名刺交換がおろそかなら、「何だ?この会社は」という事に
なってしまいますよね。ビジネスの場は、会社外の人とのやり取りだけ
ではありません。自分の会社内の人間関係も、勿論それもビジネスです。
敬語、挨拶、エレベーターや会議の席、タクシーなどで席順をわきまえた
振る舞いをすること。こうした積み重ねが、あなたの評価につながり、
複雑に構成されているビジネス社会の一員として認められていく
ステップとなります。学生から社会に出たら、自分のことは自分の
責任であると同時に、会社の一員としての自覚を持ち、ビジネスでの
マナーを自分の物にしていきたいですね。
posted by サラリーマン at 22:28| サラリーマンの一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。